代表メッセージ


GREETINGごあいさつ

成長意欲のある皆様と出会うことを
楽しみにしています。

社会に貢献する事業を行うことが、企業としての存在価値になります。
弊社は、不動産を通じて社会に求められるニーズや問題を解決することをミッションとし、
必要な事業や物事が無ければ一から創っていきます。
それがお客様の満足や喜びとなり、社会への貢献にも繋がっていきます。

それを成し遂げるためには、同じ志を持った仲間が必要です。
リーマンショックで倒産を経験したからこそ、市況に左右されずに会社と共に歩める人材を育てたい。
費やした本気の時間は必ず自分に豊かな時を与えてくれます。
限りある時を本気で生きたい方、
成長意欲のある皆様と出会うことを楽しみにしております。

株式会社リバイブル 代表取締役 尾形 優

photo

MESSAGE.リバイブルとは
どんな会社なのか?

株式会社リバイブルは、2009年の4月に設立しました。当時はリーマンショック後で不動産市況は悪く、非常に大変な時期でした。どうすれば市況に左右されない会社を作っていけるのか。考えた結果辿り着いたのが「顧客主義を貫き通すこと」でした。

「よいもの」を「よりよいもの」へ。

歴史ある不動産業界の古き慣習を排除しつつ、良い慣習は維持し、現代のニーズを加えた形へ創造変革したいと考え、リバイブルの理念は、生まれました。不動産というキーワードで市況に左右されることなく顧客ニーズに応え続ける会社。それがリバイブルです。

リバイブルは、3カ月毎の評価を取り入れ、従業員の活躍に対し、常に次のフィールドを設けるようにしています。事業部を分社化していく構想もあります。

国内 ⇔ 国外。投資用不動産開発 ⇔ 実需用不動産開発。買取ビジネス ⇔ 転貸ビジネス。アナログ ⇔ IT 等の相対事業の共存体制、事業部間の相互補完体制、従業員の成長支援体制、これらの体制が景況に影響を受けない強い会社として存在し、常に新しいビジネスモデルを生み出し、進化を続けています。

リバイブルでは、不動産開発、住宅、海外事業、土地有効活用、仲介・管理、建築設計の6事業を展開しています。

MESSAGE.どんな会社に
していきたいか?

photo

不動産業界は長い歴史を持つ業界です。そんな不動産業界で新たな価値を生み出すこと、大手不動産会社を超えることは、非常に難しいと認識しています。ですが、その業界でアジアNo.1を目指したいと思っています。

そのために必要な、「よいもの」を「よりよいもの」へ変えていけるためには、敗北を恐れず常に新しいことにチャレンジすることだと考えています。

シンプルに社会で必要とされるサービス・ニーズを提供することが出来るのか。古い不動産業はその余地が沢山あります。

私が経営者として大切にしていることは、従業員一人一人の可能性を潰さないことです。チャンスを与えること。任せること。正当な評価を行うこと。耳を傾けること。全ての従業員の幸せの先に弊社の成長があると信じています。

photo

MESSAGE.挑戦する者に、
新たなステージを。

今は大手でも倒産する時代です。自身の能力を上げて経験値を積み上げていくことが、最大のリスクヘッジであり、豊かな社会人生活を送ることができる唯一の方法です。リバイブルは挑戦する者に対し、その場所を与え、成長した先には新たなステージを用意しています。前向きな夢や志を持つ者には、成長する上でまたとない土壌であると考えています。

リバイブルは3カ月に一度昇給昇進の査定があり、結果を出せば年齢に関係なくポジションを与えられます。新しいビジネス提案があれば社内で検証をし、事業化することもあります。

事業領域も多岐にわたり、大手にはないベンチャー企業だからこそ様々な部署を経験することで総合力を上げることができます。入社して数年後には、他社の同期との差を自ずと実感できるでしょう。

社会に貢献する一企業として、一人前の社会人を育てることが使命の一つであると考えています。仲間として目標を達成することを共に目指し、刺激しあい感動を共有できる方をお待ちしています。