社員紹介


SHINO SUZUKI鈴木 詩乃

photo

「試行錯誤」

鈴木 詩乃 2016年入社 住宅事業部

普段の業務・仕事内容を教えてください。
住宅事業部は大きく分けて、戸建開発と空き家活用コンサルティングの2つに分かれます。
戸建開発の業務としては、主に開発用地を仕入れるための営業活動を不動産業者様に向けて行なっております。
まだまだ始動したばかりの事業であるため、まずは業者様へのアプローチを第一に動いてます。
空き家活用コンサルティングとしては、空き家の利活用や相続関係でお悩みの方の窓口として、いかに最良のご提案を出来るかの検討を重ね、昨今話題に挙がる機会の多くなってきている空き家問題を限りなくゼロに近づけることに尽力しております。
その他、住宅事業とは別に、シェアハウスの運営にも携わっております。
仕事をするうえで、大切にしていることは何ですか?
ベンチャー企業であるため、手探りで動かなくてはならない業務が多々あります。
その中で、「自分が知らないことを、他者の意見を参考に模索する」ことを念頭に置いております。
不明点はすぐにネットで調べたり、今後の動きを円滑に進めるために必要なツールを都度作成するなど、自分のためはもちろん、今後の弊社事業がより良いものとなるように尽力しております。
やりがいを感じるのはどんな時ですか?
主にシェアハウス運営において、外国からの来日者をご案内することが多いのですが、慣れない異国の地である日本に来て、不安や悩みを抱えていらっしゃる方が多いです。彼らが私たちに対し、気兼ねなくコミュニケーションを取れるように接することで、「このハウスに住みたい!」とご入居を決めてくださった時に、一番のやりがいを感じます。
職種・仕事で“楽しいこと”と“大変なこと”を教えてください。
楽しいことは、空き家のコンサル事業やシェアハウス運営などにおいて、個人のお客様と密接な関係を築けることです。
逆に大変なことは、住宅事業に関する知識がまだまだ乏しいため、知らないことを一から整理しながら業務を進めていかなくてはならないことです。
入社後どのような点で成長したと思いますか?
周りを見れるようになったことだと思います。
部署を超えて動くことも多いので、自分だけでなく相手の動きを見定めなくてはならないので、その点は入社前と比べて大きく変わったと思います。
今後どういったチャレンジがありますか?
戸建事業はまだまだ始動し始めたばかりですが、弊社独自のブランディングを考え、挑戦することで、事業を拡大していきたいと思います。
将来の夢、目標を教えてください。
まだまだ未熟者であるため、上席や周りの方々の支えがあって何とか業務を遂行出来ている状態です。
だから、不足している知識を補い、身に着けた知識を発揮できるようにし、下の世代に背中を見せてあげられるような一人前の人間になりたいです。
学生や若い方に、何かメッセージはありますか?
自分のやりたいことを明確に持ったうえで、進路を決めた方が絶対的に人生を有意義に送れると思います。
目先のことに捕らわれず、一旦落ち着いて自分の将来像を考えてみることをお勧めします。

SCHEDULE水曜日の
スケジュール

水曜日(ノー残業デー)は、どのようにすごしているか
スケジュールを教えて下さい。

09:00~09:30
ToDoリストの更新
09:30~10:30
シェアハウスの問合せ対応
10:30~12:00
戸建事業の案件検討
12:00~13:00
昼休憩
13:00~16:00
シェアハウスの内覧、備品検討、戸建事業の電話営業など
17:00~17:30
本日の成果、取り纏め
17:30~18:00
日報作成